メインイメージ

文字サイズ変更     

野菜不足ならば青汁を飲もう!

「あなたは、毎日食事から野菜を十分に食べていますか?」
「食べなくてはいけないな。」 このように分かっていても、毎日3回の食事から十分な野菜を食べなくてはならないのはしんどいことです。

厚生労働省によりますと、人間が健康的な生活をしていく際には、1日に350グラムもの野菜を食べなくてはならないのです。 350グラムの野菜はかなりの量ですから、見ただけでも自分では無理だなと思ってしまうかもしれません。 では、3回の食べ物から十分に野菜を補給できない時には、どうしたらいいのでしょうか? 食べ物でとれない野菜成分は青汁から補給をしたらいいのです

青汁には、様々な野菜に含まれているたんぱく質やミネラルやカルシウムやビタミンや食物繊維やマグネシウム‥ などがたくさん含まれています。 厚生労働省がすすめている350グラムもの野菜は絶対に食べられないと思うときにも、十分に野菜の代わりになってくれます

野菜不足が気になる方の中には、サプリメントやそのほかの方法で野菜不足の解消を行っている人もいるでしょう。 けれども、サプリメントは新鮮なものではないし、また野菜の成分内容とは違っている商品もあるのです。 だから、サプリメントやそのほかの方法で野菜不足を解消する以上に、青汁を飲むことが効果が高い方法です。

青汁を1日に1回飲んだら、350グラムの野菜から毎日補給ができない新鮮な成分を、野菜を食べたのと同じ形で体の細胞の隅々にまで運んでいくことが可能です。 たぶん、多くの方が野菜がいかに体にはいいものなのか、またお肌や美容にも欠かせないものなのかということは、テレビやネットや雑誌などから情報は知っているでしょう。 今後も日本だけではなくて、さらに世界中で健康になっていきたい、また美しくなっていきたい人には、野菜の重要性が知られていきます。 だからこそ、野菜の成分に近い青汁をいち早く野菜に代わる健康成分として、体の細胞の隅々にまで届けていくことが、あなたの体の健康のトータルケア―を考えても重要な習慣になっていくのです。


↓毎日の食事で大豆食品を食べよう