メインイメージ

文字サイズ変更     

青汁は日本だけ?

今、日本ではとても人気の青汁。 お手ごろ価格なのに、栄養がとても豊富なスーパー飲料ですが、野菜ジュースという ものではなく、青汁というものは日本だけのものなのでしょうか。

そんなことはありません。 海外にも青汁はあります。もちろん「青汁」という名前ではありませんが、 日本の青汁と同じように30種類以上の野菜が含まれていたり、ローヤルゼリーが 入っていたりど、効果も青汁ととても似ています。

しかし、日本の青汁はローヤルゼリーが入っているものより、評価が高いのです。 世界が認めた日本の青汁はとても多く、青汁の質や効果をとても高く評価しています。 日本の青汁が海外に渡って名前を変えて販売されていたり、文字通り、その名前で 販売されていたりと、海外では自国の青汁より日本の青汁のほうが売れるケースも あります。

日本から発売が始まり、現在世界55カ国で販売されている青汁もありますし、 とにかく日本の青汁というのは世界中で飲まれているということになります。 そして、日本の青汁は海外の雑誌にも紹介されていますし、有名モデルも 飲んでいるほどなんですよ。 健康志向のヨーロッパでは、日本の青汁がとても人気だそうです。

実は青汁によく使われる「ケール」はヨーロッパの地中海地方が原産なんですよ。 しかし、日本の青汁のほうが人気があるというのもおもしろいですね。 日本のメーカーは「ケール」を国産のものでと、国内で取れたものを使っている ところがほとんどですが、その日本産のケールが原産国で飲まれているという のも、とてもすごいことですよね。

日本のメーカーさんが「新鮮で安心なものを」「栄養価が落ちないように」と 研究、開発に取り組んでくれたおかげで私たちはこんなにすごい青汁を輸入 することなく、自分の国で作ったものを、そして世界に認められた最高の技術を 口にすることができるのです。 日本での青汁発祥の地は岡山や北海道や静岡やいろんなところが言われていますが、 どこが発祥でも、青汁は日本が誇れるスーパー飲料に違いありません。

世界で愛されている青汁、日本人としては、一度くらいは青汁を飲んでいたいですね。 だって、これだけ世界に愛されているのですから・・・。