メインイメージ

文字サイズ変更     

青汁は長寿の秘密?

皆さん「青汁」と聞いて何を想像しますか? 「健康」「美肌」「お通じがよくなる」「病気の予防」etc・・・ 青汁にはとてもたくさんの栄養素が含まれていますので、体が元気になっても 当然!と思われていると思います。

あと、青汁で「長寿」ということは想像されませんでしたか? 「青汁で長寿?ちょっと聞いたことがないなぁ」という方は是非読んでみてください。

青汁の成分の中にカリウムやアミノ酸、カルコンなどが含まれているものがあります。 これらの成分は「長寿の秘訣」とも言われている成分です。

長寿の国と聞いて思いだすところはどこでしょう。 もちろん国内で言えば沖縄!ですよね。 沖縄の方の長生きの秘訣は沖縄でよく栽培されている「ゴーヤ」、そして あまり知られていませんが「ボタンボウフウ」という草があります。 この「ボタンボウフウ」だけではわからないかもしれませんが、「長寿草」と言えば わかるのではないでしょうか。
「ボタンボウフウ」とは長寿草のことです。 長寿草は「1株食べると1日長生きする」と言われています。 それと同じようゴーヤにもカリウムやアミノ酸などがたくさんふくまれています。

ゴーヤは青汁で使われることがとても多いです。 それは、長寿の国沖縄で育ち、そしてこんなに栄養素が豊富なのにある程度の 収穫量もあり、青汁にはとても向いています。 ゴーヤだけではありません。 大麦若葉もケールもとても優秀な栄養たっぷりの野菜です。 こんな栄養たっぷり、長寿の成分まで入っている青汁は長寿の秘訣と 言われてもおかしくないですね。

だけど、長寿にとって一番大切なことは「よく笑うこと」だそうですよ。 青汁は体を元気にしてくれます。 しかし、心が元気でないと病気になりやすくなります。 「病は気から」と言いますが、いくら栄養たっぷりの青汁を飲んでいても 体が改善されないなと思うときは、心の健康を確認してみてください。

心のコンディションが悪いと青汁の効果も半減するのではないでしょうか。 青汁は長寿の秘訣かもしれませんが、もっと言うと「青汁と心の健康」が 長寿の秘訣だと思います。
老化防止にはセサミンも効果があると言われています。
セサミンの持つ抗酸化作用には老化を防ぐ力があるので、こちらも長寿の秘訣ではないでしょうか。