メインイメージ

文字サイズ変更     

青汁はどこが一番飲んでいる?

青汁は日本のもの!と思っていませんか?
実は海外にも青汁のようなものはあります。 栄養素は日本の青汁と同じような感じですが、もちろん青汁という名前ではありません。 しかし、日本の青汁は世界55カ国で販売されている青汁があるのに対し、 なかなか海外の青汁というのは見ませんよね?
ということは、やはり日本が飲んでいる割合は一番多いのでしょうか?

サプリメントの国とも言われるアメリカではタブレットの青汁があったりしますが、 日本ほど種類はありません。 ヨーロッパも健康志向ですが、青汁系の飲み物やサプリメントもありますが、 やはり日本ほど種類はありません。

そして、今日本では青汁ブームとも言えますが、ブームと言えどこれほど 国民の方に愛されている健康飲料はないと思います。 やはり青汁は人気があるので、メーカーも青汁を様々な方法や角度から研究して 作っています。 人気のないものにはメーカーさんも動かないですからね。
これだけの種類の青汁があるということは、それだけ人気があるということです。 需要が高いということです。

今、日本で青汁ブームが来ていますが、やはりこれだけの青汁の種類があり、 需要も高いので日本で一番青汁が飲まれていると思います。

さぁ、日本が一番青汁を飲んでいるということがわかりました。 では、もう少し細かく、どの県が一番青汁を飲んでいるのでしょうか。

これは、いろいろ調べたのですが、メーカーそれぞれのランキングがあり、 統計というのが出ていないので、どこが1位かというのがわかりませんでした。 申し訳ございません。

しかし、それぞれのメーカーで出ている1位の県はほとんどかぶっていることがなく、 いろいろな県が1位になっていましたので、それを考えると日本はどの県も 青汁を好んで飲んでいて、必要としているということではないでしょうか?

日本にはいろいろな青汁がありますが、それぞれの県で作られている青汁があり、 その県の特色もよく出ています。 いろいろな県が作っている、いろいろな青汁を試してみたいですね。