メインイメージ

文字サイズ変更     

見出し

メタボが招く様々な病気

メタボリックシンドローム、すなわち肥満状態の人の大半は未病と言えるでしょう。 未病のままでいられるか、病気を起こしてしまうのか、どちらに転ぶかはその人の心がけ次第です。

食生活をはじめとする生活習慣を見直して、積極的に改善していくことが出来れば、 動脈硬化をはじめとする様々な病気を遠ざけることが出来ます。

しかし、逆に肥満状態にあるにも関わらず、きちんと養生しないままにして、今迄通りの生活スタイルを続けているのは危険です。 メタボを放置すると招きかねない病気には下記が挙げられます。

  1. 心肥大…心筋(心臓の筋肉)が厚みを増してしまう病気
  2. 鬱血性心不全・狭心症・心筋梗塞
  3. 大動脈瘤…大動脈の一部がコブのように膨らむ病気
  4. 解離性大動脈瘤…大動脈の血管壁が裂ける病気
  5. 脳血管障害…脳梗塞や脳出血の総称
  6. 腎硬化症・腎不全などのの腎臓の病気

上記の症状は死に直結しかねない重篤な病気です。 これらの病気を発症するリスクが肥満状態にあるというだけで、通常の数倍にまで増加しているのです。 これまで大丈夫だったからといって、油断してはいけません。

出来るだけ早めに改善の取り組みを始めるようにしましょう。

そして、その味方になってくれるのが「青汁」なのです。

コラム ~メタボリックシンドロームってそもそもなに?~

メタボリックシンドロームとは肥満状態のことを指している生活習慣病の一種です。 高血圧や高脂血症、糖尿病、肥満などの危険因子が重なりあうと、細動脈や毛細血管の血液のめぐりが悪くなって、 脳梗塞や心筋梗塞といった動脈硬化をベースとした病気を引き起こすリスクがどんどん増えていきます。

このような状態は、代謝とのかかわりが深いということから、メタボリックシンドローム(=代謝異常症候群)と言われているのです。 メタボは、代謝の異常が病気を引き寄せたり、合併症を引き起こすという悪循環を招きます。 そして、それを断ち切らなければ病気をコントロールするのが難しいのです。


ステラの贅沢青汁がメタボを解消してくれる

メタボを改善したいのであれば、まずは生活習慣を見直す必要があります。 その中でも特に重要な要素が「食事の栄養バランス」です。

メタボを引き起こしてしまう誘因として挙げられるのは、塩分の多い食事や脂っこい食事、そして肉中心の食事です。

いずれも肥満の原因になりそうなイメージがあるかと思いますが、これによって体内のコレステロール値が上昇してしまい、 結果的にはメタボだけでなく、高血圧や糖尿病、動脈硬化を引き起こします。

上記のような食事で問題なのは、一言で言えば「栄養バランスが悪い」ということです。 脂肪分や塩分などの栄養が過剰摂取されていますが、ビタミンや食物繊維などは不足してしまうのです。

メタボ対策に大切なのはこれらのバランスを整えてあげること。

食物繊維は体内の余分なコレステロールを吸着して排出してくれますし、ビタミン類は抗酸化作用などで身体を内側からキレイにしてくれます。

これらの成分は野菜やフルーツに豊富に含まれているのですが、これらの摂取だけでは、十分な量を継続的に摂るのが困難。
そこで「青汁」が役に立つのです。

勿論、適度な運動や食事の内容もしっかりと見直す必要はあります。