メインイメージ

文字サイズ変更     

うるおい青汁ってどうなの?

アンチエイジングとは?

最近耳にすることが多くなってきたキーワード「アンチエイジング」とは一体なんのことなのでしょうか? ズバリ、これは美肌を手に入れるうえでは必要不可欠なワードと言えるでしょう。

そもそもアンチエイジングというのは日本語で若返りという意味を持っています。 もちろん実年齢を若返らせることはできませんが、ここでいう若返りとは肌の年齢を指しています。 年齢を重ねるごとに肌にはシミやシワが増えてきたり、たるんだり潤いがなくなってきますが、 アンチエイジングに取り組むことで若々しい美しい肌を手に入れることが出来るのです。

では、これは一体どんなメカニズムで実現するのでしょう?

アンチエイジングのメカニズム

アンチエイジングの鍵を握るのは「活性酸素」と「抗酸化物質」です。 活性酸素とは、私たちが呼吸で体内に取り込んでいる酸素がストレスや紫外線などの悪影響によって悪性物質に変換されてしまったものを指します。 乱れた生活習慣も活性酸素の発生に拍車をかけることが判明しています。 活性酸素は非常に攻撃性の強い物質であり、身体を錆びつかせると言われています。 一言で言い換えれば「活性酸素が老化の最大の原因」なのです。

肌のシミやシワも実は活性酸素による悪影響が大いに関係しています。 そして、この活性酸素の活動を制限することが出来る物質が「抗酸化力」という力を持った物質。 活性酸素の発生を抑制することによって老化を防止し、肌の老化や劣化を防ぎます。

抗酸化力を持った物質は抗酸化物質とも呼ばれています。

美肌とアンチエイジングに必要な栄養素

抗酸化物質には具体的にはどんなものがあるのでしょうか?
その代表的な例として挙げられるのがSOD酵素です。

これは抗酸化力に特化した栄養素であり、人間の身体のなかで作られます。 しかし、加齢とともに分泌量が減ってしまうのが難点です。 だからこそ、食事から積極的に摂取する必要があります。

SOD酵素を含む代表的な食べ物としては、大麦若葉が挙げられます。 この他にもビタミンCやビタミンE、ビタミンAなどが強力な抗酸化力を持っているとされています。

青汁でアンチエイジング

上記した強力な抗酸化力を持った栄養分をほとんど含んでいる健康食品があります。 それが「青汁」です。

青汁は薬とは違って副作用がありません。 即効性はありませんが、数週間くらい継続すれば効果があらわれてきます。
まさに、アンチエイジングに最適なのです。

見出し

どんな製品?

  1. 肌のシミやシワが気になっている方
  2. キレイになりたい方
  3. アンチエイジングに取り組みたい方

とは言われていますが、これらの効果なら
ふるさと青汁の方がおすすめです。

○原材料
大麦若葉・レスベラトロール・大豆セラミドetc.
○価格
価格:3675円
一日当たりのコスト:122円

私も注文しています!

うるおい青汁を注文してみて印象的だったのは味です。

粉末タイプで水や牛乳に溶かして飲むのですが、今迄私が飲んできたどの青汁とも似つかない味。

フルーツが配合されているということもあり、ほのかに酸っぱく甘みもあります。 一言で言うと、かなり癖がありました。
飲めない人は一口も飲めないかも知れません。

利便性は平均的という印象でした。

美容への効果は?

美容に特化していると宣伝されていることもあり、効果を検証してみましたが、飲み始めてある程度経っても変化はありませんでした。

正直なところ、美容に特化しているという程でもないと思います。
私の経験から言うと、ふるさと青汁の方が美肌効果は上です。
配合成分から考えてもふるさと青汁の方が優秀。
敢えてうるおい青汁を選ぶのはおすすめできません。
かなり冒険だと思います。