メインイメージ

文字サイズ変更     

見出し

青汁には素晴らしい成分がいっぱい!

青汁の魅力は、その豊富な栄養価にあります。

日常生活では、ついつい脂っぽい食べ物や肉を中心に摂ってしまいますが、それでは栄養のバランスは乱れます。 脂肪や炭水化物が過剰になってしまい、反面でビタミンや一部のミネラル、食物繊維などが不足するのです。

そして、これらの栄養分は一様に「野菜やフルーツなどに豊富に含有される」という特徴があります。 すなわち、私たちは慢性的に野菜やフルーツなどの摂取が足りていないのです。 そこで、その問題を効率的に解消してくれる青汁が役立ちます。 青汁は言わば「野菜の絞り汁」ですから、日常生活で不足しがちな栄養分を一気に補給できるのです。

具体的にはどんな効果が?

青汁は医薬品ではありませんから、即効性はありません。 しかし、上記のような多岐にわたる栄養分が身体の各部の不調を根本から改善してくれるのです。 特に生活リズムの乱れから引き起こされる疾患の予防には効率的に効きます。

具体的には下記のような症状を解消・予防してくれることがわかっています。

  1. 高血圧
  2. メタボリックシンドロームや肥満
  3. 糖尿病
  4. 高脂血症
  5. 癌(ガン)
  6. 動脈硬化

美容でも効果を発揮する

この他には、美容面でも効果を発揮してくれることがわかっています。 本当の美しさを手に入れるには「健康」が大切だと言いますが、まさにその通りというわけです。

特に抗酸化物質によるアンチエイジングの効果は高い評価を得ています。

青汁の栄養~ビタミン編~



ビタミンとは一言で言えば、脂質・タンパク質・炭水化物以外の有機化合物の総称です。 青汁に含まれているものの代表としてはビタミンCやβカロテンが挙げられます。

人間が生きていくうえで必要不可欠な栄養分であり、抗酸化作用を持っているものが多いのが特徴です。

バランス良く摂取するのが理想ですが、日常生活においては基本的に不足しがち。 そのため、青汁で効率的に摂取したいところです。


青汁の栄養~食物繊維編~



食物繊維は青汁に豊富に含まれている栄養分です。

一般的には野菜に多く含まれていると考えられていて、腸のぜん動運動を促進することから便秘解消に効果を発揮します。

また、コレステロールを排出してくれることからメタボ予防などの生活習慣病対策や美容にも効果があるとされます。


青汁の栄養~ミネラル編~



ミネラルは人間の身体の機能を調節する働きを担う栄養です。

カルシウムやカリウム、鉄分などが青汁に含まれている代表的なミネラル。 実は過剰と不足のバランスが非常に肝心な栄養素で、しっかりと摂取量を管理する必要があります。

一般的に、現代の日本人が過剰摂取しがちなのはナトリウム、いわゆる塩分です。 これに対して、カリウムを摂取することでバランスをとることが出来ます。 カリウムは余分なナトリウムを排出してくれる働きがあるのです。 これで高血圧や動脈硬化のリスクも減少すると考えられています。

カルシウムは日本人のほとんどが不足していると言われている栄養素です。 摂取することによって、骨や歯を強くしたり、イライラを解消する効果があるとされます。

ミネラルを摂るのに優れた商品にはふるさと青汁が挙げられます。